PM2.5 いよいよ全国で本格飛来スタート!!

3月上旬になってから暖かい日が続いています。

毎年この季節になると花粉&黄砂のダブルパンチが気になっていましたが、今年はPM2.5がプラスされて“トリプルパンチ”が気になる方も多いと思います。

すでにニュース等でご存知の方も多いと思いますが、今年1月ごろから中国から飛来してきているPM2.5は、今月に入ってから西日本を中心に高い値が出始めています。

花粉や黄砂とは別の理由で発生しているので、なぜこの時期に増えてきているのかはナゾですが、おそらく気候の変化で偏西風の勢いが変わり始めているせいではないでしょうか。

そして、大阪府内各地でもPM2.5の数値が上がり始めています。

西から徐々にPM2.5の数値が高くなり始めていますが、たとえ飛来してきたとしても、風が通り抜けやすい場所、つまり平野などではあまりPM2.5の数値が高くならないのではないかと思います。

実際、熊本市なんかは完全ではなくても盆地のような地形をしている場所なので、一度飛んできたものが他の場所へ逃げていきにくいのです。

今週数値の上昇が報道された大阪も、海沿いではありながら盆地のような地形をしています。

もしかすると今後もPM2.5の数値が高くなる地域は、このような盆地ばかりになるのではないでしょうか?

そう考えると、もしかして花粉や黄砂も盆地の方が蓄積しやすいのでは?と思いますが、素人レベルで調べられる範囲ではそのような事実を確かめる方法はありませんでした…